看板製作の工程

一般的な看板・サイン製作の工程として、主なものをご紹介します。

クロカワ工芸では、設計者やデザイナー、加工担当者など、サイン製作にかかるすべての工程において、専門知識・技術の豊富なスタッフを自社内に擁しております。

打ち合わせ

クライアントのご要望をうかがい、製作物の仕様・デザインなどを決定します。

打ち合わせ

デザインデータ制作

弊社デザイナーが、サインの用途目的にかなったデザインデータを作成します。

デザインデータ制作

デザインデータ出力

看板・サインのデザインを、大型プリンタでシートに出力します。

デザインデータ出力

表示面シート加工

看板の表示面(印刷された面)を保護するため、ラミネート加工します。

表示面シート加工

切り文字加工

裏面に糊の付いたシートを文字の形に切り抜きます。

切り文字加工

レーザー加工

レーザー加工機により、切り抜きや彫り込みなど精度の高い加工が可能です。

レーザー加工

素材切断加工

看板の材料となる木枠を、所定の形状・寸法に切断します。

素材切断加工

組立作業

設計通りの寸法に切り出した木枠を、手作業で組み立てます。

組立作業

金物加工

看板を取り付ける金物を、所定の形状・寸法に加工します。

金物加工

シルク印刷

絹(シルク)の布を版材に使った印刷です。絹目の間からインクをヘラで擦って押し出して印刷物に乗せます。

シルク印刷

高周波加工

旗や幕などの圧着加工を行います。高周波加工は溶着強度に優れ、品質も安定しています。

高周波加工

手書き看板

昔ながらの手書き看板です。職人が1から手作業で製作します。

手書き看板

このページの先頭へ

クロカワ工芸は、奈良県を中心に近畿一円にわたり各種看板、サイン、標識の企画・製作を行っております。40年以上の実績に培われた技術・デザインは高い評価をいただいております。看板・サインの製作は、クロカワ工芸にお任せください。

[本社]奈良県橿原市常盤町23-1
[大阪営業所]大阪府東大阪市足代北1-3-21 足代北パークマンション6-D
[桜井営業所]奈良県桜井市外山555-7

ISO 9001:2015 CM054

Copyright © KUROKAWA INDUSTRIAL ARTS CO.,LTD. All Rights Reserved.